So-net無料ブログ作成

まだまだ頑張れ! [季節]

明日から12月、早いものだ。
秋と冬の境がよくわからないが、12月は季節でいえば冬でよいのだろう。

そんな時期でも頑張っている生き物たちがいた。
まだ林縁のあちこちで、綺麗な紫色の花を見せてくれている「リンドウ」。
いつまで咲いていてくれるのだろうか?
花言葉は、「悲しんでいるあなたを愛する」らしい・・・。
rindou1130.JPG
























オオカマキリは見られなくなってきたが、「ハラビロカマキリ」はまだまだ健在だ。
この日も、ススキの葉にぶら下がりカメラに向かって愛嬌をふりまく。
といってもこちらがそう思っているだけで、向こうにとっては自然な動きなのだろう。
harabirokamakiri1129.JPG
















柿の木の幹で見つけたのは、なんと「ササキリ」。
最後まで生き残るのはメスが多いのだが、まだオスが頑張っていた。
そういえば、すっかりササキリの鳴き声は聞かれない・・・。
sasakiri1130.JPG
















2010年11月30日 東京都
 リンドウ目 リンドウ科 リンドウ
 直翅目 キリギリス科 ササキリ  CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM/MT-24EX

2010年11月29日 東京都
 蟷螂目 カマキリ科 ハラビロカマキリ  CANON EOS40D,Tokina AT-X107 DX Fisheye
  


初冬に見られるホタルトビケラ [その他の虫]

クロスジフユエダシャクが飛び交う中、異なった飛び方をするものがいた。
とまったところを見ると、「ホタルトビケラ」だった。
hotarutobikera1130.JPG
















前にも書いたが、胸が赤くホタルのようなのでホタルトビケラ。
幼虫時代は水中生活で、初夏のころに上陸、蛹化し成虫となりそのまま夏眠して11~12月に現れるという。
フユシャクと同じ、活動時期を冬に特化した虫なのだ。
よく見ると体が結構毛深いのは、寒さへの対応なのだろうか。
hotarutobikera1-1130.JPG
















2010年11月30日 東京都
 毛翅目 エグリトビケラ科 ホタルトビケラ
CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM/MT-24EX


今年も落ち葉の神経衰弱をしてみた。 [チョウ・ガ]

林縁の葉の落ちた若いエノキの根元に、3頭の「アカボシゴマダラ」の幼虫が仲良く並んでいた。
この時期、越冬のため落ち葉の葉裏に潜る前の準備なのか、幹で待機しているのを見る事が出来る。
akaboshi1129.JPG
















ならば、他の種は落ち葉に潜っているのだろうか?と疑問に思い、早速毎年チェックしている3本のエノキを見に行った。
さぁて、今年初の神経衰弱だ。
根元の枯葉を一枚一枚めくっていくと、まず見つかったのはよく太った「ゴマダラチョウ」の幼虫だった。
めくれどめくれど見つかるのは、全てゴマダラチョウの幼虫ばかりだ。
gomadara1129.JPG

















肝心の「オオムラサキ」が見つからないので他の木の根元を探して、3本目でようやく一頭が見つかった。
どうやら今年は、例年に比べ幼虫の数が少ないようだ。
oomurasaki1129.JPG
















葉をめくっている中で、これら3種とは別のものが見つかった。
見た時には、ゴマダラチョウかと思ったが何か違うなぁと、マクロレンズを通して見るとどうやらアブの仲間の幼虫のよう。
帰って調べると「フタスジヒラタアブ」の幼虫のようだ。
主にアブラムシなどを食べる肉食だが、チョウたちには危害がなさそうなので一安心。
hutasujihirataabu1129.JPG
















ここの木の根元の落ち葉は、春先までには風に飛ばされる可能性が高い。
木の周りに囲いを作ってあげなければ、冬を乗り切れないかもしれない。

2010年11月29日 東京都
 鱗翅目 タテハチョウ科 アカボシゴマダラ幼虫
                 ゴマダラチョウ幼虫
                 オオムラサキ幼虫
 双翅目 ハナアブ科     フタスジヒラタアブ幼虫

CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM/MT-24EX

マツヘリカメムシ [セミ・カメムシ]

外来種である「マツヘリカメムシ」。
昨年初めて見た種だが、今年は秋以降に目にすることが多くなった。
今日も、園路の木柵の上にいた。
matsuherikamemushi1129.JPG
















北米からやってきたインベーダーで、主にマツの害虫だという。
若芽や松かさ、種から吸汁するらしい。
相撲の行司の持つ、軍配のような後脚が特徴だ。
先日、「マツの害虫と言うが、どんな被害があるのか?」と聞かれてう~ん?
日本での具体的な被害の実例は、まだ聞いたことが無い。
matsuherikamemushi1-1129.JPG

















2010年11月29日 東京都
 半翅目 ヘリカメムシ科 マツヘリカメムシ
CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM/MT-24EX


クロスジフユエダシャク 乱舞 [チョウ・ガ]

落ち葉の林床で、クロスジフユエダシャクのオスが飛び回っていた。
落ち葉を踏むとあちこちから飛び上がる。
飛翔を撮影しようと頑張ったが、普段撮らないのでなかなか難しい。
まぁこんなものか。
クロスジフユエダシャク1129.JPGクロスジフユエダシャク1-1129.JPG























トチの幹に、交尾しているカップルがいた。
メスの蝶ネクタイは、いつ見ても可愛らしい。
今年は早々に、見る事が出来てラッキーだ。
kurosujihuyuedasyaku1129.JPG

















ヒノキの林縁でもカップルを見つけたが、すぐに離れオスは飛んでメスだけ取り残されてしまった。
オスなのになんて卑怯な・・・・・・!
kurosujihuyuedasyaku1-1129.JPG
















2010年11月29日 東京都
 鱗翅目 シャクガ科 クロスジフユエダシャク
CANON EOS40D,Tokina AT-X107 DX Fisheye(1.2枚目)
CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM/MT-24EX


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます