So-net無料ブログ作成

アカガエルのオタマピンチ!その後 [両生類・爬虫類]

3月18日に書いた渇水でピンチに陥ったアカガエルのオタマを、今日ようやく見に行くことができた。
あの後雨が少し降り、昨日おとといと降り続いたおかげでなんと!水のなかった流れや池に水が満たされていた。
おたま復活2_1.JPG
















この水量なら渇水前に戻った感じ。
はたしてオタマたちは大丈夫なのか?
おたま復活3_1.JPG
















恐る恐る近付いてみると、いくつもの黒い塊が見えた。
おぉ!生きている!いや~良かった良かった。
大きさからしてピンチだったあのオタマたちに間違いない。
おたま復活1_1.JPG
















それにしてもあの後すぐに雨が降ってくれたのが良かったが、今回オタマたちを救ったのは彼らを包んでいたゼラチン質だ。
周りに水はなかったが、ゼラチン質の水分が乾燥から彼らを守ってくれたのだ。
このゼラチン質は、オタマの餌になっているようだが、今回のようなピンチの時に絶大な威力を発揮し危機を回避する役割があることがようくわかった。
卵から子供たちが孵化するころにはお母さんはいないのだが、こうして子供たちをしっかり守れるものを残しているとは、自然界の奥深さを実感した出来事だった。
何よりもオタマ復活!が嬉しい!!
おたま復活_1.JPG
















2013年3月28日 東京都
無尾目アカガエル科 ヤマアカガエル    
CANON EOS50D,EF-S60mm F2.8L マクロ USM


メスが見たい!トギレフユエダシャク [チョウ・ガ]

今シーズンのフユシャクターゲット、フチグロフユエダシャクはゲットしたがもう一種。
フユシャクの中でも大きな翅をもつトギレフユエダシャクのメスだが、まだ未見である。
先日丘陵のあるトイレでオスを見つけた。
オスがいるならメスがいる、発生時期はもう少し続くので何とか見つけたい。
トギレフユエダシャク0318_1.JPG
















2013年3月18日 東京都
鱗翅目シャクガ科 トギレフユエダシャク   CANON EOS50D,EF-S60mm F2.8L マクロ USM/MT-24X

草はらのフユシャク フチグロトゲエダシャク [チョウ・ガ]

今日、ブログ仲間の方々がフチグロトゲエダシャクを見に行くとのことで、急遽参加させていただいた。
おおよその場所は教えていただいていたので、少し遅れたが合流できた。

フチグロトゲエダシャク(埼玉県レッドリスト絶滅危惧Ⅰ類)は、シャクガ科に属する冬から早春に現れるフユシャクガだ。
ほとんどのフユシャクガは雑木林を生息場所とする夜行性だが、このガは草はらで昼に飛びまわる昼行性。
メスには翅がなく、飛ぶことができない。
幼虫の食草はタデ科、バラ科、キク科、マメ科など何でも食べる広食性。

先についていた方々に聞くと、数頭飛んだがとまらずまだじっくり見ていないとのこと。
捜し歩くとそれらしきものが飛ぶのだが、近くにとまってくれない。
そのうち彼方から飛んで来て、少し先の草はらに急降下したように見えた。
ゆっくり近付き、その場所を4人で探すも結局見つからず。

午前中が良く飛ぶと聞いていたが、そのうち12時を回りまずいなぁと思っていたところ草の上にとまっているオスを見つけた。
フチグロ0320_1.JPG
















戦闘機を思わせる翅の形と大きな触覚が特徴だ。
まだ痛みのないきれいな個体で、写真ではわからないが、翅の付け根が少し青味がかっていてとても美しい。
フチグロ0320-1_1.JPG
















翅の模様は、セセリチョウのようでなかなか洗練されたgood design。
こういったところがここ数年来、人気がある理由かもしれない。
フチグロ0320-2_1.JPG
















この後少し探したが、他のオスやメス、交尾個体は見つからなかった。
残念だが、とりあえずフユシャクの中で見たい種の1種を確認することができた。
今年は、当分の間ここに来る機会を得れそうにない。
メスや交尾個体は、来年の楽しみにとっておこう!

ご一緒させていただいた皆様には、お礼を申し上げたい。
フチグロ0320-4_1.JPG
























2013年3月20日 埼玉県
鱗翅目シャクガ科 フチグロトゲエダシャク  CANON EOS50D,EF-S60mm F2.8L マクロ USM


アカガエルのオタマピンチ! [両生類・爬虫類]

丘陵のある小さな谷戸の池に、アカガエルの卵塊の様子を見に行った。
3月2日にはたくさんの卵塊が産み付けられていた。
たまにトウキョウサンショウウオの卵塊も見られる場所で、それも楽しみにしている。
だが、ついて見て驚いた。
水がない・・・・。
おたまピンチ2_1.JPG
















今年の冬に雨が少なかったせいか各地で湧水が減少しているようだ。
ここの水源も丘陵の奥から染み出る湧水なうえ、本流から引いた池なので本流の水が減れば、こちらまで回ってこないのだ。
水は全く流れておらず、光っているところはすべて卵塊。
おたまピンチ1_1.JPG
















まだゼラチン質には水を含んでいて、中で孵化したばかりのオタマジャクシが蠢いていた。
ただこのまま雨が降らなければ、干からびるのも時間の問題。
幸い今晩は雨が降り、遅い時間は大荒れとの予報なのでとにかく雨雲に期待したい!
オタマたち頑張れ!雨よたくさん降ってくれ~!!
おたまピンチ3_1.JPG
















2013年3月18日 東京都
無尾目アカガエル科 ヤマアカガエル   CANON EOS50D,EF-S60mm F2.8L マクロ USM


動く地衣類 キスジコヤガの幼虫 [チョウ・ガ]

樹皮を眺めていたら、薄緑色の地衣類が動き出した。
体に地衣類をまとった幼虫だった。
キスジコヤガ0315-2_1.JPG
















動きはまさしく尺取虫。
シラホシコヤガの幼虫かと思ったが、特徴である背中の大きな3つの突起が見られないので
「キスジコヤガ」と思われる。
キスジコヤガ0315_1.JPG
















体にまとった地衣類の中に紛れて動かなければ、見つけることはたやすくないだろう。
キスジコヤガ0315-1_1.JPG

















2013年3月15日 東京都
鱗翅目ヤガ科 キスジコヤガ    CANON EOS50D,EF-S60mm F2.8L マクロ USM/MT-24X

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます