So-net無料ブログ作成

どちらも藪の中 [鳥]

いつもの谷戸の藪の中から聞こえるチャッ♪チャッ♪という鳴き声。
「ウグイス」の地鳴きで、恋の季節にホーホケキョ♪とさえずる以外は地味に鳴く。
なかなか姿を見ることができないが、今の恋する季節には危険を顧みず姿を現してさえずっている。
uguisu0329_1.JPG

















しかしこの谷戸には今の時期もう一種、藪からチャッ♪チャッ♪と鳴く鳥がいる。
こちらもなかなか姿を現さない。
図鑑などでは、ウグイスより金属的な鋭い声で鳴くとある。
最初は区別がつかなかったが、このごろその違いがようやく分かってきたような気がする。
声の主は、「ミソサザイ」。
キクイタダキとともに日本最小の鳥で色は濃い褐色で尾羽をピンと立てているのが特徴。
この日、たまたま茂みに隠れた姿を見かけたので出てくるのを40分ほど息をこらして粘ってみたらさっと茂みから出て木柵にとまってくれたがあっという間に藪の中に消えてしまった。
証拠写真程度だが、粘っただけにうれしいものである。
misosazai0326_1.JPG

















2012年3月29日 東京都
スズメ目 ウグイス科  ウグイス
スズメ目 ミソサザイ科 ミソサザイ   CANON EOS40D,EF70-200mm F2.8L IS USM/EF1.4×Ⅱ


アオゲラの恋~武蔵野 [鳥]

先日、野鳥のラインセンサスに参加した。
曇り空で今にも降り出しそうな天候だったが、こういう天気のほうが色々な種が見られるものだ。
歩いているとアオゲラを見つけた。
よく見ると頭の赤い筋がてっぺんあたりで途切れているのでメス。
珍しく低い位置にとまりそのうち地面に降りて木の根元をしきりにつついていた。
アオゲラが地面に降りているのを見るのは初めてだった。
アオゲラメス0323_1.JPG


















少し歩くと、今度はオスがいた。
アオゲラオス0323_1.JPG

















このオスを観察していると、近くに先ほどのメスがやってきて、地面で何かを啄み始めた。
するとそれを見つけたオスが何気に近寄っていった。
オスもメスもしきりに上空を気にしている。
アオゲラ0323-1_1.JPG

















オスとメスの接近にちょっと期待していると、オスがメスの後ろに回り込んだ。
アオゲラ交尾0323_1.JPG

















するとメスが姿勢を低くし交尾が成立したようだった。
少しの間、この姿勢を続けながらも常に2羽とも上空を気にしている。
オオタカなどの敵を警戒してのことだろうか?
たまにお互い見つめあうしぐさがとてもほほえましかった。
それにしてもアオゲラが地上で交尾?と驚く光景を目撃してなんてラッキー!な鳥見だった。
アオゲラ交尾0323-1_1.JPG

















2012年3月23日 東京都
キツツキ目 キツツキ科 アオゲラ   CANON EOS40D,EF70-200mm F2.8L IS USM/EF1.4×Ⅱ

鳥たちにも春 [鳥]

谷戸を歩いているとヒッ♪ヒッ♪という聞きなれた声が聞こえてきた。
声の聞こえる方を見渡すと、ジョウビタキのオスが木の間からひょっこりと姿を現した。
ジョウビタキ0329-1_1.JPG
















ジョウビタキのオスは今シーズン初めてだった。
この冬は思うようにfieldに出ることができなかった。
きっとこれが最初で最後の出会いになるだろう。
ジョウビタキ0329_1.JPG

















別の谷戸では、すぐ頭の上で久しぶりに聞く声がした。
声の主は「ヤマガラ」。
ヤマガラ0329-1_1.JPG
















すぐそばでは別のヤマガラが梢で鳴いていた。
ペアのヤマガラたちだろうか。
エナガやシジュウカラ、カラスたちも巣作りを始めている。
命繋がる季節がやってきた!
ヤマガラ0329_1.JPG
















2012年3月29日 東京都
スズメ目 ヒタキ科 ジョウビタキ
スズメ目 シジュウカラ科 ヤマガラ   CANON EOS40D,EF70-200mm F2.8L IS USM/EF1.4×Ⅱ


春が来た! [自然]

今日は少し風が強かったものの暖かい一日だった。
せっかくの休みなのに昼まで寝てしまい、飛び起きあわてていつもの谷戸へ。
少し歩くと足元の落ち葉から黄色いチョウが飛び立った。
落ち葉の上にとまったのは今年初見の「キチョウ」だった。
敏感で近くに寄ることはできず遠目から一枚。
キチョウ0329_1.JPG
















林縁で紫色の花が目に入った。
南向きの暖かな道端で咲いていたのは「コスミレ」。
数株が花を咲かせていた。
コスミレ0329_1.JPG
















もっともたくさん見られたのが、冬を成虫で越冬した「テングチョウ」だった。
キチョウも成虫越冬だが、数では圧倒的にテングチョウのほうが多い。
テングチョウ0329_1.JPG
















今日のお目当てはこの虫、「ビロードツリアブ」。
さんざん探したが、見つけたのはこのカップルだけだった。
近寄るとすぐに飛んでしまい、この一枚をとった後すぐに交尾をときそれぞれはるかかなたに飛んで行ってしまった。
たくさん見られるのはもう少し先だろうか。
ビロードツリアブ0329_1.JPG
















日当たりの良い草地で一頭だけ見つけた「ベニシジミ」。
幼虫越冬なので、早々と蛹になって羽化してきた個体だろう。
残念ながら開翅したきれいなオレンジ色を撮ることはできなかったが、このチョウも今年初見で
いよいよ春を実感した一日だった。
このほかにも畑でモンシロチョウ、あっという間に目の前を通り過ぎて行ったチョウのスプリングエフェメラルのミヤマセセリ。
これから楽しみな季節がやってきた!!
ベニシジミ0329_1.JPG

















2012年3月29日 東京都
鱗翅目 シロチョウ科 キタキチョウ
キントラノオ目(APGⅢ) スミレ科 コスミレ
鱗翅目 タテハチョウ科 テングチョウ
双翅目 ツリアブ課 ビロードツリアブ
鱗翅目 シジミチョウ科 ベニシジミ
CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM   
CANON EOS40D,EF70-200mm F2.8L IS USM/EF1.4×Ⅱ


早春の夜の糖蜜酒場 その2 [チョウ・ガ]

先日載せきれなかった酒場のお客たち。
夏の酒場でもこれだけは集まらないだろうという繁盛ぶり。
その全体写真をとってなかったのが残念だ。
比較的多いのがこの「キバラモクメキリガ」。
前胸背のデザインが個性的!
キバラモクメキリガ_1.JPG
















黄色い翅にまだら模様がちょっとお洒落な「ミスジキリガ」。
他が地味な中で目立つ存在。
ミスジキリガ_1.JPG
















こちらはシックな装いの「クロチャマダラキリガ」。
この渋さがたまらない!
クロチャマダラキリガ.JPG
















翅の端のフリルが素敵な「ヨスジノコメキリガ」。
デザインは素敵だが名前のノコメと聞くとちょっとげんなり。
まぁ、ノコギリの歯に例えたのだろうがあんちょこ過ぎるか・・・。
ヨスジノコメキリガ_1.JPG

















こういった仲間が集う宴の場にいきなり近づこうものなら、飛び去ったりボトボト地面に落ちる輩も。
まさか酒に酔ったのではあるまいし、死んだふりというところか。
飛んで行ったほうが安全だと思うのだが、まぁこれも多様性なのだろう。
この酒場の様子は、酒場のマスターがレポートされているのでご覧いただきたい!
死んだふり_1.JPG
















2012年3月14日 埼玉県
鱗翅目 ヤガ科 キバラモクメキリガ、ミスジキリガ、クロチャマダラキリガ、ヨスジノコメキリガ

CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM /MT-24EX


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます