So-net無料ブログ作成

集まりだしたヨコヅナサシガメの幼虫たち [セミ・カメムシ]

毎年キノカワガがいるエゴノキを観察していると、そろそろ越冬に備えるのか「ヨコヅナサシガメ」の幼虫たちが集まっていた。幼虫たちは、集まり身を寄せ合って冬を越す。
その中の3頭が一匹の獲物をそれぞれの口吻で突き刺して持ち上げていた。
獲物は、テングイラガの幼虫だろうか?
すでにサシガメたちに体液を吸われたからだろう。少し平べったくなっている。
yokozunasashigame1006.JPG
















さらに観察していると、獲物を口吻で刺したまま移動していく。
とりあえず皆同じ方向に獲物を落とさず進んでいくのを見ると、お互いどっちに行くか話し合いながら歩いているようにさえ思えるほど息はぴったりだった。
そのうちそれぞれのバランスが崩れ、1頭が獲物を持ち去って行った。
そうそううまくはいかないようだ。
yokozuna1-1006.JPG
















2011年10月6日 東京都
 半翅目 サシガメ科 ヨコヅナサシガメ   CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM /MT-24EX


自虐的なセイタカアワダチソウ [植物]

秋になると目立つ黄色い花が「セイタカアワダチソウ」。
河原や草はらで高いもので3mほどの背丈で花を咲かせている。
明治末期に観賞用として持ち込まれ繁殖した、北アメリカ原産のキク科アキノキリンソウ属の多年草。
一時花粉症の原因と騒がれたようだが、風媒花ではなく虫媒花なので花粉量も多くなく騒動はおさまったとされている。
セイタカアワダチソウは、根や地下茎から他の植物の生育を阻害する物質を出す(アロレパシー)が、この成分が自分自身の成長をも阻害してしまうという自虐的でちょっと可哀そうな植物なのだ。
seitakaawadatisou1006.JPG
























2011年10月6日 埼玉県
 キク目キク科 セイタカアワダチソウ  CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM

ホシササキリ [バッタ]

草はらを歩くと足元からさっと飛んでいく小さなバッタがいた。
翅を使った飛翔だ。
着地点を探すと、葉の裏に隠れているのを見つけた。
キリギリスの仲間の「ホシササキリ」だった。
褐色の翅にある斑を星に見立ててホシササキリ。
hoshisasakiri0930.JPG
















緑色の体色が多いが、なかには褐色のものもいる。
緑の草の上では緑色が保護色になるが、枯れた草の上では目立ってしまう。
そんな場所では、褐色の体の方が目立たず敵から逃れられる確率が高い。
色の異なる個体がいることは、進化の過程で獲得したその種が生き残るための戦略の一つなのだろう。
hoshisasakiri1-0930.JPG
















2011年9月30日 東京都
 直翅目 キリギリス科 ホシササキリ  CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM /MT-24EX


秋景色 [季節]

昨日は肌寒く、長袖シャツ一枚では寒さを覚える気候だった。
丘陵でもモズの高鳴きが聞こえすっかり秋の気配。
ビオトープではススキが穂を出し季節感たっぷりだ。
akigeshiki1.JPG
















園路沿いでは、マユタテアカネが真っ赤に成熟してテリトリーを張っていた。
今年もお目当てのマイコアカネは見られない。
akigeshiki2.JPG
















民家の蔵の脇にある柿も、オレンジ色の果実をたわわに実らせている。
藁ぶき屋根と柿の実は共に秋を彷彿させる。
akigeshiki3.JPG
















林縁ではササキリが、akigeshiki4.JPGこちらに構わず鳴き続けていた。

















見上げるとクサギの実がまるで小さな人形のように見える。
いつまでこの秋を堪能できるのだろうか?
akigeshiki5.JPG



北杜市オオムラサキセンター [チョウ・ガ]

先月、以前から一度行ってみたいと思っていた北杜市にあるオオムラサキセンターに行って来た。
諏訪や茅野には良く出かけるが、なかなかここまで足を延ばすことが出来ずにいた。
一度行ったことはあったが、休館日で残念ながら見学することが出来なかった。

さすがに館内の展示は古さを否めないが、オオムラサキについては充実していた。
生態展示室では様々なチョウの食草があり、オオムラサキの食草であるエノキもたくさん植えられていた。
oomurasakisennta-0929.JPG


















エノキで幼虫を探したが、なかなか見つからない。
諦めかけた時、1本のエノキでたくさんの幼虫が見つかった。
oomurasaki0-09298.JPG

















背中の突起が4つでお尻が開いているので間違いなくオオムラサキの幼虫だ。
目の前の個体はお食事中で全く周りは気にせず葉を食べていた。
my fieldでもオオムラサキは見られるが、比較的大木に産卵するので幼虫を見る機会はそうはなくこの時期にこれだけじっくり見られるのもここならではだろう。
oomurasaki1-0929.JPG

















oomurasaki0929.JPG

















oomurasaki2-0929.JPG

















2011年0929年 山梨県 
 チョウ目タテハチョウ科 オオムラサキ    CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます